ガーデニング
  1. ホーム
  2. 木の間引き

木の間引き

木

日本に住む数多くの人々の中には、林や森を土地として所有している人が少なからずいるかと思います。林や森というのは、一定期間毎に間伐が必要になるものです。林を基準に考えれば、苗木の植え込みから15年から20年経過した段階で間伐を行なう必要があるでしょう。間伐というのは、簡単に言えば「木の間引き」です。林や森は長期間手を加えられていない状態だと、木々の成長によって込み合った状態になります。そうなってくると、太陽の光が木々に遮られ、地面まで届かないことがあるのです。太陽の光というのは、植物が生きていく上で必要不可欠な存在です。また、木々が込み合っていると地中でも問題が発生します。それは、密度の濃さにより十分に根が張れないといった問題です。隣り合う木々の距離が近いために根を充分に張ることができず、木の健康状態は更に悪くなってしまうでしょう。これは、土砂崩れの原因にもなる問題ですので、しっかりと解決していく必要があります。そのため、間伐が行なわれるのです。

間伐を行なわなければならない時期が訪れたのであれば、個人で間伐を行なおうとせず、専門の業者に依頼しましょう。高く伸びた木を切るというのは、簡単なことではありません。最悪の場合、大怪我をしてしまう可能性もあるのです。プロの業者であれば、安全面を第一に作業を進めてくれます。また、安全面を第一にするといっても、素人が行なう間伐作業よりもハイペースで作業を進めてくれるでしょう。何より、どの木を間引きするか、プロの方は正確に見定めることが可能です。一本一本、木の間隔を充分に保ち、太陽の光が地面に届くようになることによって、林や森はより豊かに育っていきます。根が広く張れば土砂崩れを防止することにも繋がりますので、忘れずに行ないましょう。専門業者に依頼するのであれば、秋から冬に依頼することをお勧めします。秋から冬であれば、木を切り倒し易く、切り倒した後の木を建材として再利用することができるのです。